スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

大切なお家を守るために

いつも弊社Ne Plusスタッフブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

スタッフ渡邉が投稿致します。

『暑さ寒さも彼岸まで』の言葉通り、残暑もおさまり涼しくなってまいりました。台風の発生が気になる秋ですが、大切なお家を守るための必須メンテナンスにはぴったりのシーズンです。
必須メンテナンス。それは何か?
「外壁塗装」です。
現在、ほとんどの住宅の外壁は窯業系サイディングボードが使われています。窯業系サイディングボードの主成分はセメントでできており、元々防水性はありません。実際には出荷時に塗装が施されたものを建物に使用するわけですが、その塗装が紫外線の影響を受けだんだん劣化が進んでいきます。
概ね10年で外壁の塗膜はその役目を果たし終え、防水性は失われ雨水が染み込みやすくなってきます。そうなると建物の構造体にも影響を及ぼし雨漏りや柱などにも悪影響が。
外壁の塗り替えは単なるお化粧ではなく、建物を守るための必須メンテナンスと言えます。
今年の春にも外壁塗装の記事を書きました。
リフレッシュにぴったりな季節リフレッシュにぴったりな季節②
今回はより細かく、外壁塗装のビフォーアフターをお届けいたしまます。

【那珂市菅谷S様邸のケース】



築後約15年のお住まい。外壁塗装については数年前から検討をしていたものの、価格の面や施工範囲などに疑問を抱きタイミングを逃していたとのこと。特に問題視していたのはコーキングの打ち替え。


外壁と外壁の間に埋めるコーキングの劣化が顕著でした。画像にあるようにひび割れやコーキングが剥がれていた箇所も。 さらに外壁を手で触ると白い粉が付着する「チョーキング現象」も発生していました。 もはや防水性は失われていたということですね。



9月4日に足場を架け、外壁塗装工事が始まりました。
塗装に入る前に、建物を高圧洗浄。









洗浄後、外壁の下地が見えてきました。 これは相当に塗膜の力が落ちていたことを意味します。
次の工程はコーキングの打ち替え。




既存のコーキングを剥がし、新たに打ち替えていきます。



剥がしたコーキングかなりの量になりました。




ひび割れていた外壁を各所補修します。



補修が済んだら、シーラーを塗っていきます。





外壁塗装は3工程です。下塗り→中塗り→上塗り。
最近の投稿

Going to a "GO-GO"

いつも弊社Ne Plusスタッフブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
スタッフ渡邉が投稿致します。

今年はNe Plus株式会社が建設業の許可を受けて丸5年。5周年イヤーということで、様々な企画を実施しています。



【ロケ地登録】つい先日、弊社リゾートハウスである「N-Vacation style」のロケ地登録が完了しました。もしかしたら!?になりますが、今後ドラマや映画などでこのNバケ(通称)が舞台に使われるかも知れません。

【ラジオ番組スポンサー】また、この10月からはIBS茨城放送さんの番組「髭・須藤寿の千波湖ちゃぷちゃぷ(仮)」のスポンサーになりました!※毎週木曜日19:00〜20:00放送されておりますので、どうぞご視聴くださいね。
髭の須藤寿さんが「Ne Plus」とスポンサー名を読み上げてくれますのでお聴き逃しなく!

【コンセプトガイド】(旧)

(新)

Ne Plusのコンセプトガイドを一新しました! 表紙にはN-Vacation style(通称Nバケ)を採用してます。
因みにNバケはライトアップされると本当にどこか異国のリゾートにいるような雰囲気です。
コンセプトガイドはNe Plusのホームページ内の資料請求からご入手いただけます。



【Tシャツ】
建築も「ONE TEAM」!ONE TEAMはラグビーワールドカップ日本開催において一躍ブームになったキーワード。住宅だって一人では造ることはできません。お施主様ご家族のために業者さん・職人さんが一丸となっています。そんな気持ちを込めてTシャツを作成です。




【新メンバー続々】おかげさまで、Ne Plusでは新築・リフォームの工事件数が年々増加しています。現在もNe Plusで工事されたお客様からのご紹介が続いており、大変ありがたい状況です。そこで、今年度から現場監督・積算・営業社員を増員。建築業界のエキスパートが新たに加わり益々飛躍してまいります!

【GO-GO5周年】ブログタイトルGoing to a GO-GOはスモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズのアルバムタイトル。またThe Rolling Stonesの曲名。日本ではクレイジーケンバンドのアルバムタイトル名。

Ne Plusのモダン住宅続々

いつも弊社Ne Plusスタッフブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。



スタッフ渡邉が投稿致します。

9月になりました!個人的なことですが、毎年9月になりますと12月のことまで考えてしまう癖があります。

「berつながり」

September (9月) October  (10月) November  (11月)  December  (12月)

気が早いのかどうか分かりませんが、今年も残り4ヵ月なんですね。そんな9月ですが、続々新築工事が始まっています。平均4ヵ月でお引渡しですので、年内にお客様の新居が間に合うよう進めてまいります。

さて、本日のブログでは新築工事の近況と共に完成イメージ(外観パース)もお伝えいたします!



こちらは7月に上棟しました水戸市O地区の新築工事現場です。10月の下旬にはこのように素敵なデザインの新築が完成します。


大きな2階建て、インナーバルコニー付き。そして建物内部は吹抜けも!テラス窓も印象的なアーバンモダンスタイル。デザインのみならず、高断熱仕様となっていますので快適な生活がお約束されます。




続きまして、8月に上棟しました水戸市M地区の新築工事現場です。こちらも大きな2階建て。内部は吹抜け、そしてロフト付き!

玄関ポーチ屋根を贅沢に設計。テラスの広さも相まって優雅な外観デザインになりました。内装においてはお施主様ご家族の拘りが随所に散りばめられ、まさにオンリーワンの住まいに。晩秋の完成に向け、工事が進んでおります。



水戸市H地区の新築工事現場は本日9/4(金)上棟です。大安に加え建築吉日の上棟となりました。

ココスヤシを入れることも決まっており、リゾートモダンな外観デザイン。リビングには天然石を貼ることで本物ならではの質感溢れる至福のインテリアを予定。格子が印象的のバルコニーにはスポットライトを設置。夕暮れから建物の表情の変化が楽しみになることでしょう。


更に今月着工予定の現場も素敵なデザインの住宅が続きます。


水戸市O地区に建築予定



水戸市J地区に建築予定




水戸市H地区に建築予定



偶然なのか!?ブームなのか!?モダンな建物デザインと内装にブラック色を使う組み合わせが今年のお客様に多く見られます。

内装に至りましては建物完成後のご紹介といたしまして、今回はNe Plusがデザインするモダンな住宅をお伝えしました。


パッケージ住宅商品には無い、オンリーワンの…

今年もアパート造ってます

いつも弊社Ne Plusスタッフブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

スタッフ渡邉が投稿致します。


昨年に続きまして、水戸市内にてアパート新築工事真っ最中です!
私どもNe Plus株式会社は戸建住宅の新築・リフォーム工事をメインとしておりますが、時折アパートの新築工事も行っています。

過去のアパートの記事↓2019.8/29投稿 ワンルームアパートが完成いたしました!!

私自身もアパート暮らしの経験がありますが、部屋を借りる前に不動産屋さん巡りをし、物件情報を集めては内見。決まるまでに結構時間がかかりました。今から27年も前のことですから、現在のようなお洒落で快適なアパートはまず見当たりませんでしたね。夏のこの時期、夜帰宅すると部屋はもや~~っと暑かった記憶が蘇ります。
当然のことながら、Ne Plus株式会社が建てるアパートは戸建住宅と同様に高断熱仕様となっています。

画像は昨年建てた水戸市内のアパート新築工事で断熱材を入れたところです。吹付断熱施工もしますが、グラスウールの場合は高性能な100mm16kタイプを使用。見えないところだからこそ材料を厳選し、快適な生活が送れるよう大切にしています。

さて、現在建てている現場の様子です。
6月中旬に基礎工事を開始、今年は長かった梅雨のため若干影響がでましたが7月末に無事上棟。





今回のアパートも高断熱グラスウール100mm16kを使用しています。



サッシはYKK APのエピソードNEOを採用。LOW-Eガラスでこちらも部屋を快適にするためには重要なアイテムです。
夏の夜に帰宅しても、もわ~~っとするようなことは今はないでしょうね。エアコンを着けたとしてもすぐに効きます。省エネにも貢献です。
目下、今秋の完成に向けて全力工事中!内外装が明らかになってきた頃またご報告いたします。
「快適」+「お洒落」なアパートをどうぞ楽しみにしていてください。




茨城県水戸市注文住宅Ne Plus+(エヌイープラス)株式会社Ne Plus+ホームページ ←コチラからご覧いただけます





次はお客様の手で

いつも弊社Ne Plusスタッフブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

スタッフ渡邉が投稿致します。


例年よりも長い梅雨明けから一転、連日猛暑日が続いております。コロナ禍の今、マスク着用に加えこの気温はさすがに堪えますね。しかし、折角の晴天は撮影日和!ということで本日は仕上がったばかりの外構を撮ってきました。

建物は、6月末にお引渡し済だったのですが、駐車スペースやフェンス・ポストの工事を7月中旬から入らせていただきました。


時を少し戻して、昨年の10月末の敷地の様子。お客様とご一緒に土地を見学に行った時の写真です。

この場所に、広めのリビング・吹抜け・和室・2階は最低でも6帖の子供部屋2室・そしてバルコニー付きの寝室。駐車スペースは4台確保というご希望のもと小雨の中、現地でお客様と一緒にイメージづくりをしました。
当初は、建売住宅をご検討されていたお客様でしたが、理想の間取りを一から考え、デザインを起こし憧れをカタチにする注文住宅をご選択。
翌月から早速お打ち合わせを重ね、「ナチュラルテイストの可愛くお洒落な住まい」というテーマが決まりました。



年明けには地鎮祭を行い、工事の安全を祈願。


2月から基礎工事が始まりました。


建物を強固に守るベタ基礎です。ひと昔前の布基礎と異なり、建物の荷重が面全体で伝わるため地盤への負担が分散されます。
3月中旬に上棟となり、建物の大きさが凡そ分かるようになってきました。



季節が春から初夏を迎える頃には外壁も貼られ、そのフォルムが明らかに。足場が外れ、「可愛くお洒落な住まい」の外観が露わになりました。


お引渡し直前の頃。建物の周囲が土のままでは、基礎の上塗りやポーチタイルの汚れが目立ちますね。
そして、6月末にお引渡しでした。



こちらは前回のブログ記事でお伝えした建物内部です。ナチュラルテイストと可愛さとお洒落が融合した、まさに建築前のテーマに沿ったお住まいを実現。
広めのリビング・吹抜け・和室・2階は最低でも6帖の子供部屋2室・そしてバルコニー付きの寝室…。これらも全て叶うことができました。
あとは駐車スペース4台確保。

できました!!コンクリート打設まもない先週のお写真。これから表情がかわります。

綺麗な白いコンクリートの駐車スペースに変わりました。駐車スペースの目地には今後、お客様ご自身で白砂を入れる予定。まだ土の部分はやはりお客様がご友人と共に芝…