スキップしてメイン コンテンツに移動

次はお客様の手で



いつも弊社Ne Plusスタッフブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。



スタッフ渡邉が投稿致します。




例年よりも長い梅雨明けから一転、連日猛暑日が続いております。

コロナ禍の今、マスク着用に加えこの気温はさすがに堪えますね。

しかし、折角の晴天は撮影日和!

ということで本日は仕上がったばかりの外構を撮ってきました。



建物は、6月末にお引渡し済だったのですが、駐車スペースや

フェンス・ポストの工事を7月中旬から入らせていただきました。




時を少し戻して、昨年の10月末の敷地の様子。

お客様とご一緒に土地を見学に行った時の写真です。



この場所に、広めのリビング・吹抜け・和室・2階は最低でも6帖の子供部屋2室・そしてバルコニー付きの寝室。

駐車スペースは4台確保というご希望のもと小雨の中、現地でお客様と一緒にイメージづくりをしました。


当初は、建売住宅をご検討されていたお客様でしたが、理想の間取りを一から考え、デザインを起こし憧れをカタチにする注文住宅をご選択。

翌月から早速お打ち合わせを重ね、「ナチュラルテイストの可愛くお洒落な住まい」というテーマが決まりました。




年明けには地鎮祭を行い、工事の安全を祈願。



2月から基礎工事が始まりました。




建物を強固に守るベタ基礎です。

ひと昔前の布基礎と異なり、建物の荷重が面全体で伝わるため地盤への負担が分散されます。


3月中旬に上棟となり、建物の大きさが凡そ分かるようになってきました。





季節が春から初夏を迎える頃には外壁も貼られ、そのフォルムが明らかに。

足場が外れ、「可愛くお洒落な住まい」の外観が露わになりました。




お引渡し直前の頃。

建物の周囲が土のままでは、基礎の上塗りやポーチタイルの汚れが目立ちますね。


そして、6月末にお引渡しでした。





こちらは前回のブログ記事でお伝えした建物内部です。

ナチュラルテイストと可愛さとお洒落が融合した、まさに建築前のテーマに沿ったお住まいを実現。


広めのリビング・吹抜け・和室・2階は最低でも6帖の子供部屋2室・そしてバルコニー付きの寝室…。これらも全て叶うことができました。


あとは駐車スペース4台確保。



できました!!

コンクリート打設まもない先週のお写真。これから表情がかわります。



綺麗な白いコンクリートの駐車スペースに変わりました。

駐車スペースの目地には今後、お客様ご自身で白砂を入れる予定。

まだ土の部分はやはりお客様がご友人と共に芝生を貼ります。

植栽においては、レモンの木を植えるそうです。



門柱ポストは前入れ後ろ出しタイプで取出しやすさも便利。



フェンスも設置。

ひと通りNe Plus株式会社が請け負った工事が終わりました。今後はお客様が時間を見つけては残りの外構造りをされるので愛着も更に増してきますね。



現在、おかげさまで弊社で建てられたお客様から新築のご紹介が続いております。

従いまして、着工までには若干お待ちいただいている状況でございます。


プランや仕様、デザインのお打ち合わせは随時行っていますので新築をお考え中の方はお気軽にご相談下さいませ。



茨城県水戸市注文住宅Ne Plus+(エヌイープラス)株式会社

Ne Plus+ホームページ ←コチラからご覧いただけます。



コメント

このブログの人気の投稿

『スキップフロア』と『蔵』がある広い住宅

いつも弊社Ne Plusスタッフブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。


スタッフ渡邉が投稿致します。




今回はボリュームたっぷりのブログをお届けいたします。

タイトルは『スキップフロア』と『蔵』がある広い住宅です。


さて、皆様はスキップフロアという言葉を聞いたことはありますか?


ひとつの階層の中に、違う高さの床を設けた建築の方式を指します。
半階ずつ高さの違うフロアが何層にも重なっているイメージですね。


こちらの建物はお施主様が、施工した大工さんと先輩後輩の間柄。
したがって、拘りに拘った造りとなっています。

設計・デザインは弊社Ne Plus株式会社にご依頼いただきました。



私は、上棟後に初めて現場を見させていただいたのですが、ただただ大きく広く圧倒されました。
加えて、『蔵』も造るとのことでしたので、どんな仕上がりになるのだろうと興味深々でした。


まだ、残工事があるのですが内部は仕上がったと連絡を受け、先週の水曜日(4/22)に撮影した様子をお伝えします!



先ずは玄関。早速ニッチの壁がお目見えです。

クロスの貼分けが素敵ですね! デュフューザーやちょっとした小物を飾るのに便利。

玄関正面の扉はパントリー(食品庫) 階段を挟んで左はリビング

パントリーはそのままキッチンへと繋がっており、家事動線も考慮 画像に写っているビールは新築祝いの準備でしょうか!? 少しずつお引越しの準備をされている様子でした。

1階から2階へ階段を上って行きます。 ここでご注目!

階段を上がると右手には高さ120cmくらいの引き戸が登場!
開けてみましょう。

!?!?!?
これは一体・・・。
ひとまず2階の廊下へ

手前におトイレとお部屋が3つの2階


クローゼットの中にも拘りのクロス


子供部屋は可愛らしいクロス使い

テーマはカリフォルニア

いつも弊社Ne Plusスタッフブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。


スタッフ渡邉が投稿致します。



GWも明けて、通常通りの日常…
とまではなかなかいかず、現在もテレワークなどでお仕事をされている方も大勢いらっしゃるかと思います。

ちょうど一年前のスタッフブログでは確かBBQを楽しんだ内容で記事を書きました。


ゴールデンウィーク 後編(5月8日, 2019年)

今年はのんびりと「おうち時間」を過ごさせていただきましたため、お打ち合わせ中のお客様の内装をあれこれイメージしたりと、お家でお家の事を考えていました。

そんな中、本日のブログ内容は「テーマはカリフォルニア」です!

カリフォルニア

アメリカの西海岸ですね。

一度、旅をしてみたい場所でもあります。

6月着工予定のお客様がまさにイメージは「カリフォルニアのビーチスタイル」

お打ち合わせを重ね、内装の仕様がほぼ纏まりました!

拘りを持つお客様とのお打ち合わせは、お話を伺っているだけでも本当に楽しくなりますね。色々なアイディア・工夫をお互いに共有させていただきました。

ご提案のアイテムの中から少しご紹介します。

大光電機株式会社HPより

今回のブログのトップ画像にも映っておりますこちらは、人感センサー付きのマリンライトです!建物の外観がホワイトですので、真鍮風のカラーは上品にマッチしますよ。

室内も可愛く、お洒落にいきましょう!

使用するクロスの一例です。




サンゲツHPより

サンゲツのデザイン性が高いシリーズより選ばせていただきました。 カリフォルニアのビーチスタイルにピッタリのチョイスだと思います。

室内ドアも玄関ドアも雰囲気満載ですので、早くも完成が楽しみになってます。 ご紹介まで(6月着工予定)暫くお待ちくださいね。

同時進行で、モダンスタイルの2階建て、レジデンス風の2階建てのお客様もクールにエレガントにと仕様打ち合わせを進めております。

全ては注文住宅の成せる業

憧れていた住まいをその手に―。





追伸
YouTubeにチャンネル登録しました! 徐々にコンテンツを増やしていきたいと考えてます。







茨城県水戸市注文住宅Ne Plus+(エヌイープラス)株式会社 Ne Plus+ホームページ ←コチラからご覧いただけます。









『黒』が人気です!

いつも弊社Ne Plusスタッフブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。


スタッフ渡邉が投稿致します。


5/25(月)新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全国で解除されました。
まだ今後も予断を許さない状況ではありますが、ひとつ困難を乗り越えられたのではないでしょうか?

私共も、新築工事中の現場にシステムバス・キッチン・トイレなどの水まわりが予定通り納入されなかたったらどうしようかと、お施主様のことを考えると不安な日々でもありました。

4月、5月、来月6月も新築のお引渡しが続いておりますが、何とか無事に完工となっております。(協力業者の皆様ありがとうございます。)


さて、これから迎える6月からもおかげさまで新築工事やリフォーム工事が多く予定されています。


建物のデザインが決まると、次は内装のお打ち合わせに移るのですが、ここ最近は『黒』が人気です!



黒のクロスに黒のドア。
黒のドアには石目調のアクセントも入っております。
写真では伝わりにくいかも知れませんが、この組み合わせが非常にカッコいい!!のです。

※ちなみにこちらは弊社Ne Plus株式会社 社内の一部です。


(ドアの高さは約2300mmもあります。)


ドアやクロスだけではございません。


黒のキッチンも採用率上昇中!


LIXIL HPより




永大産業株式会社 HPより


そろそろ各社ショールームも再開の目途が立ってきたようですので、最新のシステムキッチンやシステムバスルームを機会がございましたら是非ご覧ください。


建物の外観・内装・住宅設備『黒』の人気高まっております。





茨城県水戸市注文住宅Ne Plus+(エヌイープラス)株式会社
Ne Plus+ホームページ ←コチラからご覧いただけます。